Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
関連サイト

■ 抗生物質 市販薬 飲み薬 人気ランキング:「クラビットジェネリック250mg」が3年間1位・広範囲に効き副作用少・100錠5180円
クラビットジェネリック250mg
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「抗生物質 下痢」の関係では、「新ビオフェルミンS」などがかなり効く:ある程度の下痢は覚悟
0
    「抗生物質 下痢」の関係では、抗生物質を投与されると、約30%の方が下痢になります。抗生物質による下痢には、乳酸菌が生きて腸まで届くとうたっている新ビオフェルミンSなどや、抗生物質に耐性のある整腸剤を意味するRの付いている「ビオフェルミンR」や「エンテロノンR」などが、かなり効果があるようです。



    新ビオフェルミンSの口コミ一覧をみる。「新ビオフェルミンS錠 整腸剤として、服用しています。家族も整腸剤を利用していますので、540錠入がお得ですね〜ドラッグストアーでも購入しますが、今回の価格はお買い得でしたので、他の商品と同梱で購入しました。1日2回から3回 食後に飲んでいます。お腹が弱いので、整腸剤もいろいろ試してきましたが、こちらがあっているようですので、利用しています」

    「手持ちの物がなくなったのでお安いから2個買いました。私はお腹の手術を数回しているせいかベ便がゆるく困っていましたが、これを飲むと便の状態が比較的落ち着きます」など。

    「抗生物質 下痢」の関係でかなりの効果のあるこれらの整腸剤は、胃酸でなるべく殺されないために、食後に飲む。腸に抗生物質が残っている場合、効果が出るのに2-3日かかることも。これらの整腸剤と一緒に抗生物質を飲んでも、下痢をする場合、医者に言って抗生物質を変えてもらう。

    ヨーグルトは、抗生物質の下痢に効くとも言われていますが、かえってひどくなるとも言われています。

    腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れて、体の抵抗力が弱くなって、病気に感染しやすい。さらに、悪玉菌だけでなく、善玉菌も殺す抗生物質を飲むと、下痢を起こしやすくなります。「抗生物質 下痢」の関係では、抗生物質を使用する以上、ある程度の下痢は覚悟する必要があるようです。

    クラミジアなどに効く「ジーマックス(ジスロマックSRドライシロップ)」は、1回飲み切りのマクロライド系抗生物質ですが、まずくて臭いもきつく下痢もするが効果があると、人気です。性感染症(クラジミジア)、気管支炎、ピロリ感染症などに使用。成分はアジスロマイシン。1箱2gが4302円。



    自己責任で参考にしてほしいですが、多少便がゆるくなるが使って完治、きちんと用法を守り服用前後二時間ほど飲食を控えると胃腸が弱くともへっちゃらでした、、、などとの口コミがあります。

    私は、これまでいろいろな抗生物質を飲みましたが、下痢になったことはありません。インドで赤痢になりインドの病院で抗生物質を処方してもらった時も下痢にならず、赤痢による水のような下痢が4日目に普通の下痢になり、7日目に軟便と下痢の中間になり、だんだん便が固くなっていきました。

    ジーマックス(Zmax)(アジスロマイシン)

    posted by: kan6389 | 抗生物質 下痢 | 10:35 | - | - | - | - |
    抗生物質起因性腸炎の種類とは?出血性大腸炎・ぶどう球菌性腸炎・偽膜性大腸炎の3種類
    0
      抗生物質起因性腸炎の種類としては、出血性大腸炎、ぶどう球菌性腸炎、偽膜性大腸炎の3種類があります。抗生物質を使用して、ある病気を治療中に併発しやすい出血性の下痢で、使用している抗生物質の使用を中止すれば、抗生物質起因性腸炎は治ります。

      抗生物質起因性腸炎の出血性大腸炎は、寒い季節に子供や青年に多発しやすく、扁桃炎や気管支炎や中耳炎などの治療にペニシリン系やセフェム系の抗生物質を使用した場合、2-3日目頃から腹痛と血便を伴う下痢が続く。下痢便中に多くのオキシトカ菌がいる。大腸内視鏡で深部大腸に全周性の発赤、浮腫、びらんが認められる。横行結腸など深部大腸がおかされやすい。原因となる抗生物質の中止と輸液などの対症療法で、抗生物質起因性腸炎の出血性大腸炎が改善します。

      抗生物質起因性腸炎のぶどう球菌性腸炎とは、ペニシリン系やサイクリン系の抗生物質の使用によって、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、毒素を出す耐性のぶどう球菌の異常発生で、下痢が生じます。

      抗生物質起因性腸炎の偽膜性大腸炎は、老人の重い病気にリンコマイシンやクリンダマイシン系の抗生物質使用中に起こりやすい発熱や腹痛を伴う血性下痢です。これらの抗生物質の使用によって、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、毒素を出すクロストリジウム・デフィシル菌が異常発生して大腸の粘膜に病変をもたらして発生する下痢。内視鏡で特徴のある偽膜が確認できます。原因となる抗生物質を中止し、対症的に点滴で脱水を改善します

      抗生物質以外では、非ステロイド性消炎鎮痛薬、抗がん薬、、経口避妊薬、免疫抑制薬、重金属製薬などが原因で下痢が発生することもあります。

      posted by: kan6389 | 抗生物質 下痢 | 17:18 | - | - | - | - |