Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
関連サイト

■ 抗生物質 市販薬 飲み薬 人気ランキング:「クラビットジェネリック250mg」が3年間1位・広範囲に効き副作用少・100錠5180円
クラビットジェネリック250mg
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
曽根綾子さん著の「老いの才覚」の私の読書感:なかなかの含蓄・どのような立ち位置でも面白がる
0
    私は、曽根綾子さん著の「老いの才覚」(KKベストセラー)を最近読み、「どのような環境での立ち位置に立っても、見方を変えて面白がりなさい。そうすると思わぬところに、つかめる手すりがあったり、他人からの助けがある。愚痴ばかり言っていては、他人は助けてくれない」「子供に贈れる最大のものは、自分の死に様」「老いでは、忍耐とあきらめの二つが必要である」「孤独と絶望に会ったら、それを利用して一皮むけ人間的に成長できる」「病気込みが人生」、、、と書いておられ、なるほどと思いました。



    「老いの才覚」(KKベストセラー)の最後に、ブラジルの詩人のアデマール・デ・パロスさんの「神われらとともに」を紹介しておられます。

    「夢の中で、浜辺を神とともに二人で歩いていた。後ろを振り返ると二人の足跡があった。しかしところどころ一人の足跡しかない。私が苦悶の日、悪を望んだ日、利己主義の日、試練の日、自分にやりきれなくなくなった日は、神が私をおぶって歩いた日なので、一人の足跡しか見えないのです。私が神を一番必要としていた日は、私はその時は気づかなかったが、神が私から隠れていたのではなく、私をおぶっていたのだ」との趣旨の詩です。なかなか含蓄が深い詩だと思います。

    (「薬の市販・通販・購入・販売」の統合医療とは?の続き)

    posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 10:32 | - | - | - | - |
    私の野菜作り:気分転換と健康維持のため・ジャガイモは植え次は夏大根・春の息吹・品種改良問題
    0
      「がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事」の著者のフレンチシェフの神尾 哲男さん(64才)は、地産の旬の野菜を食べることも勧めています。私も、気分転換と健康維持のため、東京近郊で借りた畑で野菜作りをしてます。すでに、ジャガイモは3/9に植え、4月上旬には夏に収穫できる大根の種を植えようと思います。


      (ウイキペディアより)

      夏大根の種は、2-3日中に買いに行こうと思います。

      ジャガイモは、ボツボツ地上に芽が出てもよい頃だと思っていますが、まだ出ていません。昨日指で上部の土を除くと、地中で芽が発達しており、土をかけ直しました。

      散歩途中の水田は、耕起が終わり、次は畔を作り、水を入れれば、田植えの準備完了です。春の息吹を感じます。

      それそうと、最近、地方痔自体が植物の種を作ることが禁止された法律が閣議決定されたようですが、長年、県の農業試験場が、地方に合ったコメや果樹や野菜のうまい、多産、耐病の新品種を開発して、日本農業の長所や国際競争力の源のひとつになっていましたが、何故、それをできないようにするのか理解できません。このような儲からないと言うかコストのかかることは、民間では行いにくいと思いますが、、、。

      posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 11:02 | - | - | - | - |
      年末は植物性消臭剤「ニオイノンノ」を家中に散布:ガンの原因になりにくいと・健康を養うには
      0
        新年あけましておめでとうございます。「薬の市販・通販・購入・販売」を昨年愛読やご利用いただきありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

        私は、年末は、はや1年が過ぎたのかの思い出で、正月気分にはなかなかなれず、家の廊下などの拭き掃除をし、植物性でホテルで利用されている「ニオイノンノ」(送料込み2,300円)という消臭剤を家中に散布して、少しは正月を待つ気分になりました。植物性の消臭剤ならば、ガンの原因の一つになりにくいだろうと思っています



        友達や知人の生き様をいろいろ見聞きしていると、一寸先は闇、何が起こるかわからない、人間の運は死ぬまでわからないと思います。いいことばかりではないし、悪いことばかりではない。人生は、(いいことの量)=(悪いことの量)になっているのではないかと思います。やはり健康が1番で、2番、3番なく、4番目にその人の人生観によって、お金が来る人と、愛情が来る人に分かれると思います。

        健康には、積極的思考(いつもこれでは疲れるので、時たま、開き直りや流れに任せるや地獄に落ちる覚悟も必要だと思いますが)、適度の運動、腹8分目の食事、大自然に親しみパワーをもらうこと、、、が大事だと思います。

        (「薬の市販・通販・購入・販売」の統合医療とは?の続き)

        posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 11:18 | - | - | - | - |
        私の「97歳の現役医師が悟った体の整え方」の読書感:糖尿病や高血圧やガンやうつ病になりにくいと・適度にやる
        0
          私は、「97歳の現役医師が悟った体の整え方」(田中 旨夫著、幻冬舎)を最近購入してほとんど読み終わりました。「この通り、暮らしていれば、糖尿病や高血圧やガンやうつ病になりにくいだろうな、、、」との読書感です。しかし、一挙に生活習慣を変えようとすると、努力感に負けて続かず三日坊主になってしまうので、できる範囲で徐々に変えていく、適度に変えていくこと、、、がコツのようです。



          田中 旨夫あかみちクリニック院長(沖縄)は、「89才で胆管がボロボロになり胆管に末期ガンが発生し、台湾の大学病院で手術に成功してから、食事や運動、水素水の飲用など、生活習慣改善により一層気をつけるようになり、体の調子は良好で、8年以上再発や転移していない。この歳まで毎日仕事ができるのは、ガンにかかったことで、より健康的な生活に変えたからでもあると思います。その意味ではガンになったことについてはむしろ、感謝したい気持ちでいっぱいです」と言っておられます。

          庭で栽培している野菜を毎日15種類以上食べる(夜に野菜をジュースにして、炊飯器に入れて保温し朝食べるなど)、玄米ご飯と白米ご飯を日替わりで食べる、肉も食べる、加工食品はなるべく食べない、マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸はとらない、薄味、週1回薬膳スープを飲む、発酵食品を毎日とる、甘いものは一切食べない、糖質制限はしない、カルシュームを意識してとる、オリーブオイルとココナッツで体と脳の老化を防ぐ、毎朝布団の上で5分間足腰の体操をする、毎日30分の散歩をする、太陽の光を毎日15分は浴びる(毎朝病院に歩いて行くことによって)、毎日40分の昼寝を病院でする、薬は最低必要限度しか飲まない、、、などです。

          仰向けで寝る時は、枕を使わない。仰向けで寝る時に枕を使うと、腰から上に肉が付き猫背になりやすいからとのことです。

          田中 旨夫あかみちクリニック院長(沖縄)は、長寿のコツとして、自分の役割を意識すること、つまり社会や家族の中で生きがいになることを見つけることも大切だとも力説しておられます。田中 旨夫あかみちクリニック院長は、医者を天職と思い、「患者からおかげで治ったと感謝されることが、うれしくて生きがいになっている」と言っておられます。

          (「統合医療とは?」の続き)

          posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 10:09 | - | - | - | - |
          稲刈りが昨日から東京近郊で始まるに思う:一年が過ぎるのは速い・万事塞翁が馬
          0
            昨日から私の住んでいる東京近郊でも、稲刈りが始まりました。8月中旬から台風が連続して来ていたためか、稲刈りの開始が例年より2日か3日遅いです。稲刈りが始まると、一年がかなり過ぎ、あっという間に年末に近づき、年令をさらにひとつ重ねることになるな、、、と実感させられます。


            (ウイキペディアより)

            生きているといろんなことがあると思います。受験、家庭事情、恋、結婚、お金、地位、仕事、子供運、孫運、病気や健康、、、などで、翻弄され、絶望する時もあるかと思いますが、忍耐して生き続けなければならないかと思います。麻雀でじゃらじゃらがあるように、、、。

            どうも、誰も、楽しい時ばかりではないし、悪い時ばかりではない。合計で、楽しいことの量と悪いことの量は、同じぐらいだと思います。人の運は、死ぬまでわからない。

            (「薬の市販・通販・購入・販売」の統合医療とは?の続き)

            posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 11:36 | - | - | - | - |
            私は昨日15年ぶりに海水浴:やはり生活に刺激を与えよく眠れ食事もおいしい・入道雲にも感激
            0
              私は現在東京近郊に住んでいますが、昨日、15年ぶりほどに海水浴に行ってきました。帰宅後の夕食後に入浴してから眠ろうと思っていましたが、入浴せずにそのまま眠ってしまいました。よく眠れ夕食も美味しく食べられました。来年からは、気分転換や健康のためにも、毎夏、できるだけ1回以上海水浴に行こうと思っています。

              私は、15年ほど前にブラジルのリオの海岸で泳いでから、沖縄を除く本土の海や砂浜は汚れていると感じて、日本で海水浴しないようになっていました。

              イモのこを洗うようなプールで泳ぐのも嫌になって、昨日15年ぶりほどに海水浴に行ってきました。東京近郊から電車で離れるごとに空気がきれいになり、入道雲が見え真っ青な空との対比が鮮明で且つダイナミックで、電車の窓から雲を見ているだけで元気をもらえ、癒された気分になりました。

              海の家は8/15日頃終了で、海水浴後に身体を洗えず、着かえも出来ず、上半身だけはシャツを着て、濡れた海水パンツのまま電車に乗って帰宅しました。来夏から8/15以降に海水浴に行くには、空のペットボトルを1本持って行き、駅のトイレの水道水で頭や顔や足などの海水を洗い流すか、近くに日帰りの温泉のある海水浴場に行き帰りに日帰りの温泉で入浴して体を洗い、着かえをした方が良さそうだと思いました。以前は8/31まで海の家が開いていたのにな、、、と。

              私は、生活がマンネリになると、疲れやすく、眠りにくくなり、老化のスピードがアップすると思ってます。汚れた海や砂浜での海水浴でも、生活に刺激を与えると昨日感じました。確かに、昨日は台風の影響か2週間ほどの天候不順の影響か、砂浜には木の枝などのごみが多く打ち寄せられてましたが、、、。

              (「薬の市販・通販・購入・販売」の統合医療とは?の続き)

              posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 09:44 | - | - | - | - |
              堤清二さんの最後の詩集「死について」その2:死に直面すると偽りの仮面が落ちる?人間はみんな執行猶予ですよ
              0
                8/6の薬の市販・通販・購入・販売で「堤清二さんの最後の詩集「死について」:あなたはどのように死に応対するか・顔を包帯で覆った幽霊が次から次へ通り過ぎていく」と書きました。

                堤清二さん(1917-2013年)は、「死について」のなかで「いつも綱の上を歩いていた。地上よりその方が私には安全なのだ。なるべく目的地を意識しないで進む。正義や理想のような雑念を追い払うため、ただ一心に前を見て、言われたとおりに数値の平行棒を繰って歩くのだ。どこか遠くで呼び出しのベルが鳴っている。あるいは耳の奥でなっているのかもしれない。それでも私は歩き続けるしかなかった。集中こそが安全の基本なのだから」とも言っており、かって西武流通グループの総師として、売上高や経常や純利益を睨めってしながら生きていたと暗示しているようです。



                顔にシーツをかぶせられて手術台の上にいるのに気が付き、いよいよ最後だと思い死と闘わないと思ったが、手術不可能だった。医者から通院で気長にと言われ、堤清二さんが「執行猶予ですね」と言うと、「人間はみんな執行猶予ですよ」と言われた。

                「死について」のあとがきで、堤清二さんは、「現在のわが国で美しい死に顔を持つというのは不可能なのではないか」

                私はたくさんの人と一緒に仮装行列に参加してきたのだけれども、死を前提にして行列を離れ、そこで執行猶予となり、どこへ行ったらいいのか分からない中に置かれた。その状態を私は今までのように有利な条件にすることができるだろうか」と言っています。

                堤清二さんは、死に直面して、西武流通グループの総師兼詩人とは違う人生があったのではないかと述懐しているかのようです。堤清二さんは、自分に話しかけようとしている未知の世界の雰囲気を感じていたが、それにもっと意識を集中して、それとともに生きるべきだったのではと思っているかのようです。

                「どこか知れない地底で激しく機械のようなものが動いている気配」

                「なぜか誰かに呼び掛けなければと思った。
                病院に入ってからずっと心のどこかにあった思い。
                しかし、どこへ誰に呼びかけるのか。
                もう呼び掛けるべき自分が怪しくなっているのだ」。

                「小鳥たちの周囲が青い空のように
                僕は地に潜む緑色の蛇を探してきた。
                利殖のためでなく知恵のためだったけれど
                青春は短く 幻滅の味しかなかった。
                やはり僕には人生というものが分かっていない」

                (「薬の市販・通販・購入・販売」の統合医療とは?の続き)

                posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 12:28 | - | - | - | - |
                堤清二さんの最後の詩集「死について」:あなたはどのように死に応対するか・顔を包帯で覆った幽霊が次から次へ通り過ぎていく
                0
                  元西武流通グループの総師兼詩人だった堤清二さん(辻井 喬)の最後の詩集「死について」(2012年思潮社から発行)を、今日全部読みました。死の前では誰も平等に無力で、要領や口のうまさやお金や権力やお世辞は通用せずに、真底の自分自身をさらけ出して、死に応対させられるのだと、堤清二さんの詩集を読んで感じさせられました



                  堤清二さんが病院の廊下を歩いていると、顔を包帯で覆った幽霊が次から次へ通り過ぎていく。あの世の空間とはどのようなものか?

                  堤清二さんは、西武流通グループの総師として一時代を「鈴をリンリンと鳴らしながら」通り過ぎたが、バブルがはじけ不動産投資などの失敗で、ほとんど西武流通グループは解体してしまった。過去を振り返れば「自分の手の中に灰が残っただけ」とも言ってます

                  最後の詩集「死について」には、ほとんど諦めたが、この世に完全には捨てきれてない執着と怒りが混じっているとも感じました。

                  「なぜか誰かに呼び掛けなければと思った。
                  病院に入ってからずっと心のどこかにあった思い。
                  しかし、どこへ誰に呼びかけるのか。
                  もう呼び掛けるべき自分が怪しくなっているのだ」。

                  「小鳥たちの周囲が青い空のように
                  僕は地に潜む緑色の蛇を探してきた。
                  利殖のためでなく知恵のためだったけれど
                  青春は短く 幻滅の味しかなかった。
                  やはり僕には人生というものが分かっていない」

                  (「薬の市販・通販・購入・販売」の統合医療とは?の続き)

                  posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 22:35 | - | - | - | - |
                  健康のために沖縄の与論島の「きび酢」が人気化:空気中の酵母菌や酢酸菌を利用
                  0
                    最近のテレビの健康番組で、健康のためのチョイたし食材として沖縄の与論島の「きび酢」が取り上げられ、人気化しています。頭の禿げているコメンテーターのお医者さんが「実は私も6年間飲んでおり、よく眠れる」と番組中に打ち明けたため、一層注目されています。カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分が黒酢の何十倍も含まれ、ナトリウム(塩分)が極端に少ないのが特徴です。天然良質の珊瑚や星砂により米酢の50倍〜200倍のカルシウムを強化し、 機能性食品としたのが認められました。食品添加物や化学調味料は一切使用していません。与論島のさとうきびだけを100%使用しています。



                    与論島周辺には、空気中に酵母菌や酢酸菌が浮遊しているのできび酢造りに最適な環境に適しています。伝統的な静置発酵法で長期間じっくり発酵熟成させました。黒酢と違いまろやかな味わいなので調味料・ドリンクに混ぜても最適です。

                    沖縄の与論島の「きび酢」は、ポリフェノール含有量80.4mg/100ml。ポリフェノールは活性酸素やフリーラジカルといった有害物質をとらえて、 安定した無害な物質に変える作用があり、強い抗酸化作用が生まれます。ポリフェノールが豊富です。

                    よろん島 きび酢 200ml 伝統 きび醋 創ing よろん島きび酢本舗 自然黒壷発酵酢 お酢 酢 ビネガー 調味料 長期黒壷熟成 長寿 島 与論 与論島 鹿児島 サトウキビ カナばあちゃん 酵母菌 酢酸菌 自然醸造 天然醗酵 ダイエット 無添加 食品添加物・化学調味料不使用1880円(税込、送料別)

                    送料無料】「奄美大島きび酢 700ml 4本セット」(8,400円)の詳細と口コミを見る



                    posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 11:36 | - | - | - | - |
                    野村元野球監督著の「野村の金言」その3:何故にはじまり何故に終わる・未熟者ほどいまスランプだと口にする
                    0
                      薬の市販・通販・購入・販売で「野村元野球監督著の「野村の金言」ついて、書いてますが、要領や言い訳が効きにくい厳しいプロ野球で生き抜いてこられた野村元野球監督の金言だけに、じっくり読むと、ハッとさせられますね。すぐ結果に結びつく世界だけに、、、。

                      野村元野球監督著の「野村の金言」その3としては、「何故にはじまり、何故に終わる」(なぜ、打たれたのか、なぜ空振りしたのか、なぜ勝てたのか、、、。人はなぜという疑問を抱くことで理由を考え、修正するために創意工夫する。その結果が、ステップアップにつながる)、「予を大切にせよ」(予感、予想、予測、予防、予期、、、の予である。常に予を大切にし、念頭に置いていれば、自ずと正しいプロセスをたどることができるだろう。それが正しく準備することになるのだ)、「第六感とは執念のひらめきである」(日々の研究、工夫が、努力などが、土壇場で執念になり、一瞬にして答えを見つけてくれる。ナポレオンも、似たようなことを言ってますね。どの戦場でも勝つチャンスの戦機が必ず一瞬訪れるので、それに気づきすかさずつかめば勝てると)、「感性は、生きる力であり、理想と貪欲さから生まれる」(感性とは、少しの変化や移ろいに気づいて、対応していくことで、紙一重のところで勝敗を分ける要因となる。一流選手は同じ過ちを繰り返さない)、「未熟者ほど、自分はいまスランプだと口にする」(スランプとは、自分の仕事に対して研究と工夫を怠らず、努力を続け、実績を残した人が、それでも結果が出なかった時に、口にできる言葉なのだ。未熟者が結果を出せないのは、つまづきをこじらせただけ。未熟者にスランプなど存在しない)。

                      野村元野球監督著の「野村の金言」は、コンビニのセブン・イレブンで630円で買いました。立ち読みしていると、なかなか参考になることが書いてありましたので、買いました。私は、以前は本をよく買っていましたが、近年の本は器用にまとめたか、売名か、慢心の気配、、、などを感じる中味の薄い本が多いように感じて、ほとんど買いません。だが、「野村の金言」は、中味の濃い本でした。

                      (「薬の市販・通販・購入・販売」の統合医療とは?の続き)

                      posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 12:06 | - | - | - | - |