Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
関連サイト

■ 抗生物質 市販薬 飲み薬 人気ランキング:「クラビットジェネリック250mg」が3年間1位・広範囲に効き副作用少・100錠5180円
クラビットジェネリック250mg
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
身心の健康の4つの基本とは?:楽観主義+運動+腹八分目の食事+土地の力を利用
0
    昨年は「薬の市販・通販」をご愛読・ご利用ありがとうございます。ことしも、よろしくお願いします。

    昨年、身心の健康について、本ブログでいろいろ書きましたが、基本は、
    その1.気持ちの持ちようを変える、、、楽観主義。楽しいこと、勇壮なこと、ユーモアのあること、大胆なこと、捨て身、軽妙なことを考える。なるべく、そのような生き方をしている人と交際する、またそのような人の伝記を読む。なるべく機嫌良く毎日を暮らす。

    その2.適度に毎日運動をする、、、手足をよく動かす。ただし、中年以降に過激な運動をすると、肩や腰を痛めやすいので、自分にとっての運動の適量を知ることが大切です。

    その3.腹八分目の食事、、、国連の下部組織が発表したガンの原因、またその可能性のあるものを、なるべく飲食しないことも、含めます。

    その4.土地の力を利用する、、、不思議とリラックスする土地や癒してくれる土地(パワースポットと言われている場所とは、必ずしも一致していません)がありますが、そのような土地の上に自宅や店を建てたり、そのような土地の上に立つ旅館に泊まったり、そのような土地の上に立つレストランで食事をします。また、そのような土地にドライブしたり、旅行したりします。動物は、土地の力を知っており、そのような土地の上で腹這いになって、病気を癒すと言われています。

    posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 15:16 | - | - | - | - |
    私は「定年で終わらないための戦略ー体験的副業のすすめ」を購入:著者は高卒のソニー社員というハンディキャップを跳ね返す
    0
      私は、昨日、東京に用事で出て、ついでに東京駅前の丸善で「定年で終わらないための戦略ー体験的副業のすすめ」(著者原田 節雄、さくら舎発行)を買い、今日、半分読み終わりました。著者は、高卒のソニー社員というハンディキャップを跳ね返し、工業英検一級の資格を取ったり、社内で何回も転勤している間に技術の国際標準化の仕事をしてそれの専門家になった。これらを武器に、ソニー内の3回の大リストラを潜り抜け、技術関係の翻訳など副業で年間1千万円以上稼ぐようになっていた。若い頃、ハンディキャップを持ち、それでひねくれなかった人は、中年以降たくましく花を咲かせるようですね。



      30年ほど前から、世の中の変化が激しく、大学を出て大企業に勤めていても、いつ倒産、リストラがあるかわからない世の中になってきました。そうなると、定年退職者も含めて、大企業に勤めている間は輝いて見えた人も、半年で10年は老けた顔になる場合が多いです。生前葬をしたみたいです。そうなると、ストレスからガンなどの病気にもなりやすい。

      パチプロ、キャバレーのボーイからソニーの幹部社員にまで上り詰めた、高卒・地方子会社 出身の男は、なんとサラリーマン時代から本業の給与に迫る副業収入を稼いでいた!これまでの本業遍歴と副業遍歴を赤裸々に告白しつつ、大副業時代の真っ只中を生きる現役サラリーマン、そして定年が視野に入ってきたベテランたちへ、定年を過ぎても副業で稼ぐ極意を明かす」「こちらは自立の末端社員の視点、そういう違いだろうか。34歳から副業を始めた著者は、35歳で複数の副業を始めている。それが勤務先の本業と何ら矛盾しないで役立っている。そして40年近く副業の種類と数を変えながら、そのまま定年後も副業で生計を立てている。71歳の現在、5つの副業をしているそうだ。そうして若いときの自分の能力への投資と、その投資の老年になってからの回収、それが「定年で終わらないための戦略」だと気づかせてくれる。いつの時代にも経済的な余裕は必要だろう。数ある定年本のなかでも、著者の経験から論理を述べているので際立って実際的である」(アマゾン・コムより)。

      posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 18:16 | - | - | - | - |
      人気1番の療養温泉「秋田県の玉川温泉」:元旦の予約で何とかその年に泊まれるほどの人気ぶり
      0
        人気1番の療養温泉「秋田県の玉川温泉」は、人気が高く、元旦の予約で、その年の10月までの予約が埋まります。来年、どうしても玉川温泉に行きたい方は、元旦の午前9時から電話で予約する必要があります。予約電話番号は、0187-58-3000 です。玉川温泉宿泊の予約では、コネは効かないです。


        (温泉大噴)

        秋田県の玉川温泉は、秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢にあります。ラジウム含有の世界でも珍しい塩酸を主成分として強酸性の効能あふれる癒しの湯治宿。

        自己責任で参考にしてほしいですが、「温泉、岩盤浴とも素晴らしく、体か軽く楽になりました。スタッフの方も親切で、気持ちよく過ごすことができました。食事も、野菜が多く、体のことを考えて工夫されたメニューで、感激しました。是非また行きたいと思います」「お湯は相変わらずの逸品で浸かる度に体の弱い所が補修されていくのが感じられます。肌関係のトラブルなどは5回も浸かれば解消してしまうほどのパワーを感じますね」、、、などの口コミが209件あります。

        私も、ダメ元で電話すると、キャンセルがあり、1泊だけできたことがあります。東大医学部などの研究所があり、玉川温泉の効能を研究してます。私は、1泊して千葉に帰ると、宇宙遊泳しているように体が軽かったです

        玉川温泉の詳細と口コミ209件を見る。

        posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 09:30 | - | - | - | - |
        日産のカルロス・ゴーン容疑者の人相に思う:眉間の間に縦の深い線が2本・良い顔色の間は悪運に襲われないが
        0
          日産自動車会長カルロス・ゴーン容疑者は、金融商品取引法違反容疑で逮捕されたましたが、彼の眉間の間に縦の深い線が2本走っていますね。これは、人相学では、悪運や凶運の人相と言われています。顔色が、美しい艶のある赤と黄色と白色の混じった色の間は、実際に悪運や凶運が生じない。しかし、顔色が悪くなると、悪運や凶運が実現しやすいと言われています。


          (ウイキペディアより)

          眉間の間に縦の深い2本の線は鍼灸の膀胱経脈の一部で、眉間の間に縦の深い2本の線が浮き出るとは、頻尿や残尿感等尿のトラブルに悩まされやすいです。このため、癇癪持ちになりやすいです。腰痛にもなりやすい

          眉間の間に縦の深い線が2本か1本ある人は、悪運や凶運に襲われないように、身心の健康に気をつけ、悪い顔色にならないように、気をつけた方が良いようですね。

          日産自動車会長カルロス・ゴーン容疑者ひいきの焼き鳥屋「串若」が、東京都港区芝3-29-2(JR田町駅から歩3分)にあるので、気が向いた時に私も食べに行ってみようかと思います。食べログ評価3.48で、1串250円で、大きい焼き鳥。この焼き鳥屋では、日産自動車会長カルロス・ゴーン容疑者は、気さくな人だったそうです。

          posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 18:19 | - | - | - | - |
          喪中のハガキで人生いろいろと:人生の浮沈を生き抜く・まさかと思うことが起こりやすい
          0
            私は、今年は年賀状の代りに、喪中のハガキをほとんど書き終わりました。早いもので、11月になると、私の方が喪中のハガキを受け取ることになっています。まさかと、思う人が先に亡くなり、人生について、いろいろ考えさせられます。人生いろいろですね。

            誰でも、亡くなる前に、人生の浮き沈み、いろいろな喜怒哀楽を、男女関係、健康問題、夫婦関係、子供関係、孫関係、親子関係、お金、地位、人間関係、、、などによって経験させられているのだと思います。

            いろいろな喜怒哀楽に一時的に振り回されるのは、仕方ないですが、いつまでも振り回されていてはダメで、前を向いて生きた方が良いようですね。

            人生、まさかと思うことが起こりやすい。追い風は、早ければ3年、遅くとも7-10年に向かい風になりやすい。向かい風も、不平不満をなるべく持たずに対応していると(つらくても楽しいふりをしていると)、自然に早ければ3年、遅くとも7-10年に追い風に変わりやすい

            追い風の時は、いつ自分も立場が逆転するかもしれないので、向かい風の人に対して、馬鹿にしたり軽蔑したり悪口を言ったり、それぞれしないで、優しい言葉のひとつでもかけておいた方はよさそうです。情けは人のためでなく、自分のためにも、、、。強い者や得になりそうな人にゴマをすり、弱い者にパワハラしていると、案外、自分の首を絞めやすいようですね。そのようにしていると、自分が逆境になった時に、誰からも助けてもらいにくい。人生いろいろ。

            posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 17:16 | - | - | - | - |
            秋に清澄な気分が味わえないとは東洋医学では大腸が弱いからとも:便秘や下痢を治して大腸を丈夫にする・美白
            0
              東洋医学では、秋は肺の働きが活発化します。肺が活発化すれば、清澄な気分を味わえます。また、肺が活発化すれば、哀れを催して涙もろくなります。秋に、清澄な気分が味わえない、また涙もろくないとは、肺が弱っていることです。


              (ウイキペディアより)

              肺を強くするには、肺の出城であり肺と密接に結びついている大腸を丈夫にすることです。大腸を丈夫にするとは、便秘や下痢を治すことも役に立ちます。大腸が病気になると、次は肺が病気になりやすいです。内臓は、お互いに助け合いとけん制をしています。肺を助けているのは、すい臓の先端にある脾臓です。脾臓を丈夫にするには、脾臓と密接な関係のある胃を丈夫にすることです

              このように関連性を見てくると、肺を活発化し、清澄な気分を味わうには、消化器を丈夫にする必要があるようですね。肺が丈夫な人は、肌が美白でキメが細かいですが、このような方は消化器が丈夫で、美味しく食べられ、便秘も下痢もしていない傾向がありますね。

              ただ、内臓はお互いに助け合いとけん制をしているので、肺が活発化しやすい秋は、肺がけん制する心臓が弱くなりやすい。このため、秋は心臓病で日没前になくなりやすいです。

              posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 10:17 | - | - | - | - |
              散歩を身心の健康維持のために愚直に実行しましよう:言い訳はしない・気持ちも自然に前向きに
              0
                身心の健康維持のために、散歩も効果があることは、大人なら誰でも知っていることですね。でも、いざ長年実行となるとほとんどの人が実行できないですね。酷暑の夏には、涼しくなってから散歩しようと思い、酷暑の夏が過ぎれば秋雨前線となり、なかなか散歩しにくい。冬になれば、雪が降ってる、寒いを言い訳に、散歩しにくい。いろいろ言い訳をしないで、散歩すると決意したら、愚直になるべく毎日散歩に挑戦してみましよう。


                (ウイキペディアより)

                愚直になるべく毎日散歩すると、1ヶ月以内に、食事が美味しくなる、熟睡しやすくなる、顔色や肌色が良くなり始める、気力や性力が回復し始めます。たかが散歩、されど散歩ですね。

                このようになると、ひねくれ、消極的、世の中の暗い面ばかり見る、悲観的、悪口や愚痴ばかりを言う、、、などから自然に脱しやすくなると思います。気持ちの持ち方を無理に変えようと思わなくても、、、。

                この頃、私の住んでいる東京近郊の水田の間の道を歩いていると、稲刈りが6-8割終わっています

                posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 11:14 | - | - | - | - |
                「裏切られた自由 : フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症」:日本の外交音痴ぶりも
                0
                  私は、「誰が第二次世界大戦を起こしたのか フーバー大統領の『裏切られた自由』を読み解く」(訳者渡辺惣樹 草思社発行)を読み終えたので、次は「裏切られた自由 上・下: フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症」(著者ハーバート フーバー 訳者渡辺惣樹 草思社発行)を買って読むか、国会図書館で読んでみようと思います。日本の外交音痴ぶりも、露呈しているようです



                  「フーバー(第31代米国大統領、両大戦で難民の食料援助に貢献し、日米会談の実現に向けて努力した)の考え方を要約すると次のとおり。*経済行為における自由と政治的な自由は有機的に結合している→ニューディール政策、共産主義に対する批判。*ヒトラーとスターリンを思う存分戦わせ、その後に米国が和平の手を差し伸べるべきだった。*ルーズベルトは日本を利用して、裏口から対独戦争に参入しようとしていた。*戦後世界のあり方を決定したのはテヘラン会談で、米英がソ連に大幅な譲歩をしたことによる

                  「真珠湾攻撃調査委員会でスチムソン長官は”問題はいかにして日本を最初の一発を撃つ立場に追い込むかである”と述べている。 また”日本は真珠湾を攻撃するよう挑発されたのである。アメリカが戦争に無理矢理引きずりこまれた、などと主張することは茶番以外のなにものでもない”と、オリバー・リトルトン英戦時生産大臣の言葉の引用も的確である。 以上のように東西いずれの局面でもアメリカは和平工作を放棄し、ドイツ、日本に戦端を開くよう挑発し続けたのである。 本書の後半は戦後を巡り各国の思惑の交錯が興味深い。とりわけテヘラン会談において、ルーズベルトは自ら誓った領土変更における関係国人民の意思のの尊重(大西洋憲章)を蔑ろにし、世界再分割を促したのである。つまりバルト三国、ポーランド等7つの民族(国家)をソ連が併合することに暗黙の了解を与えたのである。(チャーチルも同意)そしてスターリンは国際連合を作るというルーズベルトの願望に暗黙の了解を与えている。 フーバーは”この本に書きこんだ言葉、文書、日付については全て確認し、証拠を持っているものばかりである”と自信を述べている」(アマゾン・コムの読者講評より)。

                  日本は、米、ソ連に翻弄され、操られ、条件反射的に行動していた哀れな存在だったように思います。それにしても、何故、日本は、常日頃、アメリカの各界、特に戦争に反対するグループとも親しくして、理解しあわなかったのか不思議です。外交音痴だと思います。幕末を生き抜いた明治維新のような政府や天皇なら、アメリカの各界、特に戦争に反対するグループとも親しくして、理解しあっていたと思います。フーバー大統領も、そのように思っていたようです。

                  日本は、米、ソ連に翻弄され、操られ、条件反射的に行動していた哀れな存在だったが、敗戦後急激に復興し世界第2位の経済大国になり、キッシンジャー米大統領補佐官から「日本にはリーダーはいないが、最後にはなんとなくうまくいく国だ」、サッチャー英首相から「昭和天皇こそが第2次大戦の勝利者だった」と言われる不思議な国ですね。一般国民の勤勉性や創意工夫がその原因でしようか、、、。一般国民が勤勉性や創意工夫を失うと、そうはうまくいきませんよね。アメリカの軍部の幹部の誰が言ったか忘れましたが「日本軍は下士官以下が強い。えらい軍人ほど馬鹿になっていた」と言ってます。

                  posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 18:32 | - | - | - | - |
                  私は今夏は「ルーズベルトの開戦責任」を読む:日本の全政治家や記者も一読してから活動を
                  0
                    私は、夏の終戦記念にちなんで、今夏は「ルーズベルトの開戦責任(FDR THE OTHER SIDE OF THE COIN)」(ハミルトン・フィッシュ著、渡辺惣樹訳、草思社発行)を読みました。23章あり、後半の15章から太平洋戦争のことです。15章のアメリカ参戦までの道のり:(議会に)隠された対日最後通牒(ハルノート)、16章の真珠湾の悲劇、23章議会権限を無視したFDR(ルーズベルト大統領)の宣戦布告、、、など。なかなか読みごたえがあり、日本の全政治家や全新聞記者も、是非一読してから、政治活動や記者活動をしてほしいと思いました。



                    ニューディール政策を厳しく批判し、米国伝統の非干渉主義の立場から、第二次大戦への関与に反対していた著者ハミルトン・フィッシュ下院議員(当時)は、フランクリン・ルーズベルト大統領が最も恐れ、かつ最も憎んでいた共和党の重鎮である。元共和党重鎮が、戦争反対世論をねじふせ、対日最後通牒を隠してアメリカを大戦に導いたとしてルーズベルトの責任を厳しく追及。太平洋戦史を一変させる重大証言。 (アマゾン・コムより)。

                    著者ハミルトン・フィッシュ下院議員(当時)は、「ルーズベルト大統領は、日本の暗号を解読して日本の真珠湾攻撃を事前に知っていた。しかし、それをハワイのアメリカ艦隊には知らせなかった」「不況対策のニューディール政策が失敗して予算ばかりを多く使い、失業者は減らず、1100万人もいた。この状況をルーズベルト大統領は、戦争景気によって逆転しようとした」などと言ってます。

                    「ルーズベルトの開戦責任(FDR THE OTHER SIDE OF THE COIN)」(ハミルトン・フィッシュ著、渡辺惣樹訳、草思社発行)が読み応えがありましたので、「誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く」(渡辺 惣樹著)も、注文しました。フーバー大統領は、ルーズベルト大統領の前のアメリカ大統領で、「裏切られた自由 上・下 〜フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症」を書いてます。





                    私は、昨夏は「ノモンハンの夏 (文春文庫)」(半藤 一利著)を読みました。太平洋戦争は、辻政信など日本の陸士・陸大出の少壮軍人に引っ張られて突入したのではないかの趣旨ですが、、、。

                    posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 12:59 | - | - | - | - |
                    心身の健康のためすずしくなり始めた夕方に運動しましよう:車に乗らず歩いて帰宅も・8月末から稲刈り始まる
                    0
                      4日ほど前から夜風に冷気が混じるようになり、夜に散歩していると気持ちが良いです。近年は猛暑で、夜風に冷気が混じるのは9/15過ぎでしたが、、、。心身の健康のために、夕方に散歩など何かの運動をしましよう。


                      (ウイキペディアより)

                      夕方運動しにくいサラリーマンの方は、帰宅の途中に、車やバスや電車に乗らずに、30-60分歩きながら帰る方法もあります。

                      私の住んでいる東京郊外も秋の気配が忍び寄り、ついこの間田植えが終わったばかりと思っていた稲が穂を出し、8月末に稲刈りの行われる極早生は穂が重みで垂れています。

                      猛暑で隠れていた蚊も、2日ほど前から夜部屋の中を飛ぶようになりました。蛇は今年は、猛暑でまだ隠れているのか、お目にかかりません。

                      posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 13:22 | - | - | - | - |