Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
関連サイト

■ 抗生物質 市販薬 飲み薬 人気ランキング:「クラビットジェネリック250mg」が3年間1位・広範囲に効き副作用少・100錠5180円
クラビットジェネリック250mg
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
近年の肺がんは自覚症状の少ない肺の奥でできる肺腺がんが多い:40才過ぎからは名医で定期検査を受ける
0
    近年の肺がんは、初期症状の自覚症状の少ない肺の奥でできる肺腺がんが多いです。血痰が出るなどして、病院にあわてて行って精密検査を受けると、手遅れになっている場合が多いようです。肺がんは40才代から急増し、がんの死亡順位では男性で1位、女性で2位です。自覚症状がなくても名医で定期検査を受ける、また息切れや胸痛のある時は名医でCT検査(X線断層検査)を受けた方が良さそうです。

    肺がんの原因としては、喫煙、大気汚染(車の通行の多い道路でマラソンをすることも含む)、女性ホルモン(早く初潮があり遅くまで生理がある、女性ホルモンのエストロゲン補充療法を受けていた)などが挙げられています。さらに、混ざりものの安い食用油で料理中に、その煙や蒸気を吸い込むことも、肺ガンの原因ではないかと、疑われているようです。

    肩痛や肩がこりやすい方、大腸が弱く便秘や下痢がちの方、腰痛の方も、東洋医学では、肺ガンになりやすいようです。

    posted by: kan6389 | 肺ガン 種類・症状 | 14:00 | - | - | - | - |