Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
関連サイト

■ 抗生物質 市販薬 飲み薬 人気ランキング:「クラビットジェネリック250mg」が3年間1位・広範囲に効き副作用少・100錠5180円
クラビットジェネリック250mg
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
多発の院内感染予防に手術前の抗生物質使用を確認:「新版 のんではいけない薬」が指摘・アメリカでは10万人弱が死亡
0
    「新版 のんではいけない薬ー必要な薬と不要な薬」(浜六郎著)は、「院内感染予防の不徹底や安易な抗生物質の使用のために、多剤耐性緑膿菌などの多剤耐性菌による院内感染の発生が、後を絶ちません。5%前後の院内感染が起きるとされてますが、それが病院の現実です」

    「抗生物質がまったくない状態なら、多剤耐性菌が手術時の切開創から侵入して、2時間後に体内で菌が増殖し始めれば、手術4時間後には抗生物質が効きにくくなります」「このため、2001年に日本感染症学会が作成した抗菌剤使用の手引きに従って、3時間以内の手術ならば、手術前に1回抗生物質を使用してもらいましよう。また、それを確認しましよう。3時間以上の手術ならば、抗生物質の追加使用が必要です」と指摘しています。

    今秋のアメリカのウオールストリートジャーナルは、アメリカ疾病管理予防センターの調査によれば、アメリカの医者や看護婦の半数はアルコールや石鹸で手を洗っておらず、それが原因で患者100万人に感染症をうつし、その結果10万人弱を死亡させている、、、と報じています。

    アメリカでは、一般的に開業医は比較的にのんびりですが、病院勤務の医者は、寝不足の過重労働で、診察中に、ついついウトウトすることもあるようです。悪いユーモアになっているようです。これでは、アルコールや石鹸で手を洗うことまで、気が回りにくいのかも、、、。その代り、医療技術は、実戦で徹底的に仕込まれるようです。

    posted by: kan6389 | ■薬の副作用と自己責任 | 12:27 | - | - | - | - |
    いま話題の「新版のんではいけない薬 」(浜 六郎著)を私も注文:医者や薬が得意な病気と苦手な病気
    0
      いま話題の「新版のんではいけない薬 」(浜 六郎著)を、私は今日注文しました。ベストセラーとなった初版(2006年発行)に大幅増補改訂。薬害と闘い続けた医師が医薬業界の間違った常識を打ち破る。著者は1969年阪大医学部卒業。医師(内科・疫学)。 NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック)理事長。



      医者から処方されたあなたの薬をチェックします。薬を“監視”し続けてきた医師が医薬業界の間違った“常識”を打ち破る。

      「新版のんではいけない薬 」のレビュー。(「つっこみどころ満載。トンデモ本としては面白い。けれども、内容は実情と解離もはなはだしい。血圧、コレステロール、ワクチンに関しては納得できる部分も多々あるが、急性疾患についてはとんでもない無知を披露している。臨床経験がなく、現場を知らず、勝手な思い込みで記述しているとしか思えない。マトモに信じたら入院レベルの重症化が続出する。特に小児の疾患については、どこかで1年くらい研修すべきだ。ヒドい」

      「参考になる大事な知識。書かれている内容には、非常に同感する事が多いです。薬は本当に怖いです。自分や家族も含め、副作用には多少なりとも経験があるので、尚更実感していますし、医者の言う通り、出された薬を真面目に飲んでいたら、命はいくつあっても足りません。基本的には病は自分で治す・・・が基本で、自分の感や身体のサインを上手に把握しながら、少量・短期間に利用するのがベストですね。西洋医学・化学物質の薬ばかりではなく、東洋医学・漢方も含め、食事と自然治癒力を高める療法と併用して、できるだけ身体に優しい方法を取りたいものです。全て医者任せではなく、この本に書かれている様な内容は、知識として知っておいた方が、薬に依存する薬づけや副作用を減らせる事に繋がると思うので、とても参考になると思いますし、こういう関連の暴露本はドンドン出して欲しいですね」

      「レビューの中にはこの本に完全にマイナス評価をしているものもありますが、私は参考になると思いました。特に、自分の飲んでいたコレステロールを下げる薬、毎年受けていたインフルエンザの予防注射については「?」が頭に点灯しました。特に、薬剤の治験について、製薬会社内で事実が曲げられて伝えられることは、ときどきテレビなどでも知らされており、やはりそうなのだろうなという結論に至らざるを得ません。もしこの本の言うとおり、あまりに不要な薬、効かない薬、さらには危険な薬までが流通しているのは、お上と製薬会社の癒着、金儲けの体質を疑わざるを得ません。また、医者は薬と健康診断で儲けることを考えている、とも感じます。ただし、症状がなくなれば薬を減らすようにしてくれているので、良心がないとは言いませんが、いまの体制ではそうしないと儲けられないのだろうなとも思います。そして、お医者さんは絶対そんなことを口にしません。家族が飲んでいる薬も挙げられているので、これを読んでどう思うか聞いてみたいです。コレステロールを下げる薬、インフルエンザの予防注射は止めてみようかと思います。注射については、注射を受けたおかげで普通の風邪と勘違いして治療が遅れたこと、また打っても特に変わりがなかったことがありました。本当に効いているかは疑問です」など。

      私は、有名大学病院や大病院や薬や漢方や鍼灸でも治らない病気で23年間苦しみ、まさかと思うことで治りました。治っていなければ、とっくにあの世に行っていたと思います。それから、2番目のレビューと同じ考えで生きています

      また、その間に、お医者さんと薬が強いというか治すのが得意な病気と、お医者さんと薬が弱いというか治すのが苦手な病気があるのにも気づくようになり、お医者さんと薬が強いというか治すのが得意な病気になった場合はお医者さんと薬に頼りますが、そうでない場合はなるべくお医者さんと薬に頼らずに、自分でいろいろ試行錯誤や工夫しながら治しています。もっとも、なるべくお医者さんと薬に頼らずに、自分でいろいろ試行錯誤や工夫しながら治す場合、治らなければ死んでも良いと思ってます。

      とにかくお医者さんも、患者や国民からもっと信用されるには、医者以外の一般の人より健康で長生きして、もっと信用を勝ち取る見本を示す必要があるように思います。これまでは、医者以外の一般の人より健康で長生きしているようには、思いにくいです。医学知識と健康で長生きとは、比例しているとは、思いにくいです。

      (「薬の市販・通販・購入・販売」の統合医療とは?の続き)

      posted by: kan6389 | ■薬の副作用と自己責任 | 15:25 | - | - | - | - |