Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
関連サイト

■ 抗生物質 市販薬 飲み薬 人気ランキング:「クラビットジェネリック250mg」が3年間1位・広範囲に効き副作用少・100錠5180円
クラビットジェネリック250mg
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
簡単な図解付き「腰部脊髄管狭窄症対策エクササイズ」を日本医師会がおすすめ:神経の血流を良くする
0
    腰部脊髄管狭窄症対策として、日本医師会は、図解付きの神経の血流を良くする簡単なエクササイズを勧めています。

    神経の血流を良くするために、2週間毎日、[召劼恐爾魄愡劼両紊法30分間毎日1-2回のせ、足首は時々動かす椅子に座って息を吐きながら両手で片方の膝を5-10秒抱える、左右交互に2回づつ行うL襦⊃欧觧は足を高めにする工夫をする。

    症状が落ち着いている時は、椅子を使用して、太もも前ストレッチ、胸開き背中そらしストレッチを行う。

    腰部脊髄管狭窄症の予防として、椅子を使用して「体幹強化!ながらブランク体操」を行う。椅子の上に両肘をついてうつぶせの姿勢になり、息を止めないでヘソ下5cmを意識し、体幹が刺激されているのを意識します。1日合計3分間が目安。

    健康雑誌のわかさ12月号の特別付録として、「痛みナビ体操の最高のやり方が狭窄症のタイプ別にひとめでわかる特製ポスター」(銅治秀雄 お茶の水整形外科機能リハビリクリニック院長 )もありますね。

    日本医師会の「図解付きの神経の血流を良くする簡単なエクササイズ」の詳細を見る。

    posted by: kan6389 | 脊柱管狭窄症・間欠性跛行 | 18:30 | - | - | - | - |
    腰部脊髄管狭窄症で手術する前に試す価値あり:加茂整形外科院長の圧痛点ブロック療法・効く場合もあり
    0
      腰部脊髄管狭窄症で手術する前に、石川県小松市の加茂 淳加茂整形外科医院院長の「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」を試してみる価値はありそうです。痛みの原因は、神経圧迫ではなく、筋肉の血行障害などによる筋肉のこりだという立場で、圧痛点のトリガーポイントに注射をし、レザーや電気をあてたり、マッサージをしたりします。



      自己責任で参考にしてほしいですが、「トリガーポイントブロック注射恐るべし。とても効果があります。これが全てではありませんが、一つの治療方法だと思います。おすすめです」「今まで関節や骨・神経が原因で痛みが出ると思っていましたが、筋肉の血行障害等が原因であることがわかり、痛みに対して前向きになれました」「わたしは整体・マッサージ師をしている。本書に書かれているようなことは、以前から薄々感じていたので、整形のお医者さんが本書を書かれたことに感銘を受けた。周囲の人たちに薦め、贈り物にもしている。治療法は日進月歩で変わっているし、本書で一般人にもわかりやすく示された方向性は間違っていない。現段階では、加茂先生のやり方で治る人もいるし、まだこぼれ落ちる人もいるという程度に受け取ったらいいと思う」「長く入院しても、治らなかった痛みが、1回の治療で治った嘘のような新事実。なぜ、整形外科医の多くは、知らないのか、理解しようとしないのか腹立たしくさえ思える。一刻も早く、理解し、治療法を広げてほしい」「多摩センター駅庄司整形でトリガーポイントブロック注射💉をして貰っています。一回に二箇所しか保険注射できませんが、500円で安く出来ます。回数を重ねています。慢性腰痛で悩んでいましたが、良くなってきています。色々試しましたが一番好きな施術てす。有難いです」、、、などの口コミが33件、アマゾン・コムにあります。

      腰痛の原因は、現在は医学的に75%不明だと言われていますね。私は、3月頃、腰部脊髄狭窄症と似た症状で、酷い時は100mほどしか歩けなかったですが、手術せずに整形外科での鎮痛剤のロキソニン、湿布、けん引、電気で治りましたが、再発すれば加茂整形外科院長の圧痛点ブロック療法も選択肢のひとつだと思っています。

      トリガーポイントブロックで腰痛は治る!の詳細と口コミ33件を見る。

      posted by: kan6389 | 脊柱管狭窄症・間欠性跛行 | 12:35 | - | - | - | - |
      私はMRI検査では脊椎管狭窄症ではなかった:でも腰や骨盤の負担を避けるためDVD5本連続は見ないように
      0
        私は、友達が脊椎管狭窄症による足痛のため、私もそうでないかとMRIをとってもらい整形外科で今日診断を受けましたが、今のところ、脊椎管狭窄症の可能性は低いようでした。でも腰や骨盤の負担を避けるため、これからDVD5本連続は見ないようにするつもりです。

        MRIの撮影は結構音がうるさく、両耳に耳栓を20分間ほどして、とってもらいました。それをCDにして、パソコン上で、整形外科医から説明を受けます。

        私の場合、脊椎管内に一寸飛び出て、ヘルニアと言えるかどうかの段階らしいです。

        私は、長編歴史DVDをパソコンで見るのが好きで、面白いのがあると、つい5巻、7時間半連続で見続けて、腰や足がしんどくなるので、両足を机の上にあげたり、長時間足を組んだりしやすいです。これでは、腰や骨盤に負担を与えやすいので、5巻、7時間半連続見続けるのを、これから止めようと思います。

        だらしない姿勢でなく正しい姿勢で、DVDは1日1-2本見るだけにしようと思います。

        posted by: kan6389 | 脊柱管狭窄症・間欠性跛行 | 17:36 | - | - | - | - |
        「腰部脊柱管狭窄症」による歩行困難は血液をサラサラにする薬で30%治ることも:脊柱管の中のコレストロールを減らす
        0
          中年以降に意外と多い「腰部脊柱管狭窄症」とは、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出、腰椎すべり症などで、脊柱管が狭くなり、その中の神経である脊髄が圧迫され、腰の痛みや脚のしびれなどの症状を起こすものです。歩いていると、足が痛くなり、五分ほど休憩すると、痛みが和らぎ、再び歩けるようになる「間欠跛行(かんけつはこう)」が典型的な症状です。このような「腰部脊柱管狭窄症」は、血液をサラサラにする薬を服用すれば、30%ほどの割合で治るそうです。

          私は、コレストロールや中性脂肪や血圧が正常でも、今年2月、小腸に血栓ができ手術入院しているし、その際に3回ほどMRI検査も受けているので、手術入院先の病院で、MRI画像で私の脊柱管が狭窄してないか、近いうちに尋ねてみようと思います。

          腰部脊柱管狭窄症は悪化すると、自分の意志で便を体外に押し出せなくなるようです。そうなる前に、うまくあの世に行った方が良さそうですね。手術もありますが、成功するとは限らず、血液をサラサラにする薬を服用して、脊柱管の中のコレストロールを減らし、脊柱管の中の圧迫を減らして、腰部脊柱管狭窄症を治せれば幸いですね。

          腰部脊柱管狭窄症は、糖尿病や高血圧を併発していやすい。糖尿病で亡くなった方を、今思い出すと、亡くなる数か月前は歩くのが極端に遅かったです。私がゆっくり歩いていても、すぐ遅れていました。今から思い出すと、足が痛くて、歩くのが遅かったのではないかと、思います。

          posted by: kan6389 | 脊柱管狭窄症・間欠性跛行 | 12:48 | - | - | - | - |