Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
関連サイト

■ 抗生物質 市販薬 飲み薬 人気ランキング:「クラビットジェネリック250mg」が3年間1位・広範囲に効き副作用少・100錠5180円
クラビットジェネリック250mg
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
安易に抗生物質を濫用して急性喉頭蓋炎や髄膜炎などに効かないようにするな:感冒との鑑別が困難なことも
0
    安易に抗生物質を濫用して耐性菌を発生させていれば、抗生物質が急性喉頭蓋炎、髄膜炎、肺炎などの感染症に効きにくいので、注意しましょう。

    急性喉頭蓋炎は、喉頭蓋の細菌感染による上気道疾患である。重症例では急速に進行し、予期せぬ窒息を来たすことがある。なお、単に喉頭蓋炎と言った場合もほとんどはこの急性喉頭蓋炎を指す。感冒との鑑別が困難なことが多い。



    急性喉頭蓋炎は、小児(2〜5歳程度)に多いが成人例も散見される。細菌感染が主である。インフルエンザ菌b(Hib)による症例が多く、次いで肺炎球菌、溶連菌がみられる。 欧米諸国ではHibワクチンのため、小児のインフルエンザ菌による髄膜炎・喉頭蓋炎は減少している。ワクチンの効果を失った成人患者の割合が増加している。

    抗生物質の投与。嚥下困難があるため、経静脈投与が主体となる。インフルエンザ菌bは、現在BLNARなどの耐性菌が増えている。生命にかかわる事態では、抗生物質が効かないことは許されないため、当初より第三世代セフェム系(ロセフィンなど)やニューキノロン系抗菌剤(クラビットなど)が投与される。

    喉頭蓋の腫脹がひどい時には、経静脈的にステロイドを投与し、浮腫を軽快させ気道を広げる治療も行われる。病勢によっては気管内挿管や緊急気管切開が行われることもある。(ウィキペディアによる)。

    髄膜炎とは、細菌、結核菌、カンジダなどの真菌、ウイルス、梅毒菌、ワイル病、ガンなどの腫瘍細胞、膠原病などによって、脳や脊髄を包んでいる脳脊髄膜に炎症が発生する症状です。

    細菌性髄膜炎は、高熱と寒けが始まり、ひどい頭痛や吐きけが伴い次第に首の後ろがかたくなり、けいれんや意識が落ちることも。治療開始が早ければ、知能低下などの後遺症が残りにくい。針を腰にさして細菌の種類を調べ、それに適したアンピシン(Ampicillin)500mgなどの抗生物質を使います。



    posted by: kan6389 | 抗生物質の使用上の注意 | 12:56 | - | - | - | - |
    セフェム系抗生物質とは?:咽頭炎や気管支炎などに有効・副作用少で広範囲の感染症に有効
    0
      「セフェム系抗生物質」は、ペニシリン系に近い抗生物質で、広範囲な病原菌に有効で副作用が少ないため、病原菌を特定し有効な抗生物質を決めるまでの間や割と軽い感染症に、使用されています。

      セフェム系抗生物質は、ケフレックス、ケフラール、フロモックス、メイアクト、セフゾン、オラセフ、パンスポリン、セフスパン、バナン。

      効能は咽頭炎や扁桃炎、気管支炎、中耳炎、副鼻腔炎、麦粒腫(ものもらい)など軽い感染症。ノドの痛みや熱をともなう風邪にも、よく使用されています。第2、第3世代のセフェム系抗生物質は、グラム陰性菌や嫌気性菌にも強い効果を示し、2次感染や難治性の感染症にも使用されています。重症の場合は注射する。ケフレックスは第1世代のセフェム系抗生物質。

      ペニシリン系、セフェム系などの抗生物質は、細胞壁を持たないマイコプラズマには効かないため、ウイルス感染でない風邪症候群のマイコプラズマには、マクロライド系抗生剤(アジー、クラリシッド、クラリス、ジスロマックなどが)やテトラサイクリン系抗生物質(ミノマイシン、ビブラマイシン、アクロマイシン)やニューキノロン系抗生物質(クラビットなど)が使われます。

      最近このマクロライド系が効かないマイコプラズマ肺炎が増えてきました。マクロライド系の抗生物質が無効な場合には、テトラサイクリン系の抗生物質やニューキノロン系の抗菌薬が有効とされています。

      ただしテトラサイクリン系抗生剤は、8歳以下の子供に2週間以上長く使用すると歯が黄色になったり、骨の発達に影響を受けると言われています。

      ニューキノロン系抗生剤も、関節への影響から子供にはあまり使用されません。妊婦にも使われません。

      セフェム系抗生物質の使用上の注意としては、広範囲な病原菌に有効で副作用が少ない便利な抗生物質ですが、発疹がでたり、下痢を起こすことが時々あります。アレルギー体質の人は、要注意

      ニューキノロン系抗生剤のクラビットジェネリック250mg

      posted by: kan6389 | 抗生物質の使用上の注意 | 20:07 | - | - | - | - |
      人気の新ニューキノロン系抗生物質の使用上の注意:切り札的なので大事に使用・無効にするな
      0
        人気のクラビットジェネリックなどニューキノロン系抗生物質(厳密には合成抗菌薬)の使用上の注意としては、効かない細菌は少なく、広範囲の感染症に効き、副作用も少なく、重症感染症にも切り札的抗生物質なので、安易に使わず大事に使用することが重要です。

        クラビットジェネリック250mg

        クラビットジェネリック250mg

        クラビットジェネリックなどニューキノロン系抗生物質を不徹底に一寸だけ使用し、細菌を全部殺さないうちに使用をやめると、再びその細菌が勢いを盛り返すとともに、耐性菌となりクラビットジェネリックなどニューキノロン系抗生物質が効かないようになるからです。切り札を失うと、いろいろな感染症に負けてしまいやすくなり、生存能力が落ちるからです。

        もっとも、感染してもアルコールを飲まなければ、クラビットジェネリックなどニューキノロン系抗生物質を1〜2週間使用すれば、病気の原因となる細菌は死んでしまいます。ダラダラ連続して2週間以上使用すれば、腸内の善玉菌まで殺してしまい他の病気への抵抗力が弱くなってしまいますので、2週間以上使用しない。

        ただ、マクロライド系抗生物質の場合、慢性気管支炎、慢性副鼻腔炎、滲出性中耳炎などに対して、最近では、少量づつ何ヶ月も使用する「マクロライド長期少量投与療法」もあります。この場合、定期的に肝機能検査を受けます。使用されるマクロライド系抗生物質は、エリスロシンや、クラリス、クラリシッド、ルリッドなど。

        クラビットジェネリックの適応菌腫:肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、結核、淋菌、軟性下疳、腸チフス、細菌性腸炎、パラチフス、髄膜炎以外の各種重症感染症、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、Q熱、膀胱炎、皮膚感染症、胆管炎、胆のう炎、子宮及び付属器炎など。使用量はアメリカでは1日1回、500mg、日本では300mg1日3回。マイコプラズマ属やクラミジア属に有効。

        クラビットジェネリックは、旅行先での大腸菌による下痢や風邪の2次感染や歯周炎にも有効。

        腸管吸収や組織移行性が良好で、経口で経静脈投与とほぼ同等の効果を得ることが可能。半減期が長く、一日一回投与が可能である。肺炎球菌への活性が良好で、呼吸器感染症に効果がある。

        クラビットジェネラルは、結核にも良く効き、結核になっているのを知らずに他の病気のために飲むと、結核の症状が隠れやすく、病院で受診の際に結核の発見が遅れやすくなることも、知っておいたほうが良い。妊婦は飲まない。

        キノロン系抗生物質は、水と一緒に飲む。牛乳と一緒に飲むと吸収が悪い。スポーツドリンクと一緒にも飲まない。

        【ニューキノロン系抗生物質(厳密には合成抗菌薬)の種類】

        抗菌スペクトルおよび薬理により2つのグループに分けられる。古いグループにはシプロフロキサシン、ノルフロキサシン、オフロキサシン。そして新しいグループにはガチフロキサシン、ゲミフロキサシン、レボフロキサシン(クラビット)、モキシフロキサシン,トロバフロキサシン。

        新しいグループのニューキノロン系抗生物質は、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)との併用で痙攣を起こしにくくなったようだ。

        【ニューキノロン系に比較的特徴的な副作用】(ウィキペディアによる)

        〃貪異常(特に低血糖)、、、ガチフロキサシンでは起こりやすく、ガチフロキサシンは世界的に販売中止となった。

        横紋筋融解症、、、筋タンパク質の一種であるミオグロビンの血中濃度上昇の結果、急性腎不全等の重篤な副作用に至る場合がある。

        8線過敏症、、、スパルフロキサシンでは起こりやすい。私は、今夏、歯周炎で痛くて夜眠れないようなり、歯医者の予約がすぐ取れなかったため、いざという時の予備に購入していたクラビットジェネリックを飲みましたが、朝2時間ほど空気中の光のエネルギーに敏感になりました。戸惑うほどではないですが、、、。

        ご慇疇農、、、動物実験(幼若犬)において関節異常が認められているため、小児投与は多くが禁忌とされている(例外:ノルフロキサシン、トスフロキサシン)。

        ョГ琉枉錙◆◆高齢者でアキレス腱断裂を起こすことがある。

        μ物相互作用 、、、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)との併用で痙攣がおこることがあると言われているが近年は論争中である。テオフィリンやワルファリンの血中濃度を上昇させる。また、制酸剤(Mg製剤)や(Al含有の)胃粘膜保護薬、鉄剤を併用するとニューキノロンの吸収が阻害されるので、ニューキノロンと併用する場合は服用する時間を2〜3時間空ける。酸化マグネシウム(マグミット、マグラックス等)を用いる場合は、ニューキノロンを朝にまとめて服薬し、夕方に酸化Mgを用いるという方法もある。痛みを伴う場合、ロルカムやフルカムといったCOX-2選択的阻害薬を用いれば、添付文書上は禁忌にはならない。

        緑膿菌など好気性グラム陰性菌に対してはシプロフロキサシンの方が活性が高く、肺炎球菌にはレボフロキサシン(クラビット)の方が活性が強い。

        クラビットジェネリック250mg

        クラビットジェネリック250mg

        posted by: kan6389 | 抗生物質の使用上の注意 | 18:16 | - | - | - | - |
        抗生物質の使用上の注意:治るまで酒飲まない・だらだら長期間使用しない
        0
          「抗生物質の使用上の注意」としては、酒を飲むと菌が血液に乗って身体中に拡がり治りにくくなり慢性的になるので、治るまでは酒は飲まないことです。

          酒好きや医者の注意を軽視して、感染後に酒を飲む人がいますが、治りにくくなり、すると自棄になって酒を飲む傾向があります。その結果、さらに治りにくくなります。この悪循環に落ちると、医者に怒られても酒をやめにくいようです。酒を飲まなければ、約1〜2週間で治ります。

          それから、抗生物質は、だらだら長期間使用しないことです。長期間使用すると、体内の善玉菌まで殺し、免疫力が落ちてくるからです。

          私は、夏にインドで赤痢になった経験があり、酒を飲まないでいると、インドの病院で保険証なしで700円で1週間で治った経験があります。5分ごとに吐いて下痢して、10キロやせました。強制的なデトックスをした感じです。

          薬9層倍と言われていますが、薬は値段があってないようなものだと思いました。それから、ブランド薬とジェネリック薬の区別に、あまりこだわらないようになりました。

          posted by: kan6389 | 抗生物質の使用上の注意 | 17:08 | - | - | - | - |