Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
関連サイト

■ 抗生物質 市販薬 飲み薬 人気ランキング:「クラビットジェネリック250mg」が3年間1位・広範囲に効き副作用少・100錠5180円
クラビットジェネリック250mg
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
干ばつの原因との火星が7/27-28の午後9時に月の左斜め下に:地球に最接近・心臓や肝臓を弱めやすい
0
    西日本集中豪雨直後の7/10の「薬の市販・通販」で「昨年から太陽の黒点が増えている、上空のジェット風流が順調に地球の周りを巡回していない、砂漠で雹や雪が降って大洪水になっている、今夏は100年ぶりに火星や木星が地球に最接近している。異常気象ですね。火星の影響力が強くなると、干ばつになりやすい。集中豪雨の後に、、、」と書きましたが、7/27-28の午後9時に、南東の空の月の左斜め下に100年ぶりに最接近した火星を、肉眼で見ることができます。火星の影響力が強くなると、心臓や肝臓も弱めやすい。


    (ウイキペディアより)

    中国で最古の医学書、鍼灸の本と言われている4000年、5000年前の「黄帝経」に、火星の影響力が強くなると、地球上で干ばつが生じやすく、火星の影響力が弱くなると冷害が生じやすいと書かれています。インドのある州で、干ばつで、すでに今年農民600人以上が自殺したと言われています。

    「黄帝経」によれば、火星の影響力が強くなると、心臓が過剰に刺激されて、かえって心臓が弱まると言ってます。心臓を刺激するものは食べない方が良いようです。また、肝臓も弱まりやすい。火星の影響力が強くなると、日中、肝臓関係の病気で亡くなりやすいとも言ってます。

    火星への移住計画が進められていますが、実際移住すると、心臓病や肝臓病が生じやすく、それをどのように解決するか。農作物を火星で育てても、干ばつ状態や、育っても実らない可能性も大きいと、「黄帝経」の説から推測されます。

    posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 10:42 | - | - | - | - |