Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
関連サイト

■ 抗生物質 市販薬 飲み薬 人気ランキング:「クラビットジェネリック250mg」が3年間1位・広範囲に効き副作用少・100錠5180円
クラビットジェネリック250mg
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
秋に清澄な気分が味わえないとは東洋医学では大腸が弱いからとも:便秘や下痢を治して大腸を丈夫にする・美白
0
    東洋医学では、秋は肺の働きが活発化します。肺が活発化すれば、清澄な気分を味わえます。また、肺が活発化すれば、哀れを催して涙もろくなります。秋に、清澄な気分が味わえない、また涙もろくないとは、肺が弱っていることです。


    (ウイキペディアより)

    肺を強くするには、肺の出城であり肺と密接に結びついている大腸を丈夫にすることです。大腸を丈夫にするとは、便秘や下痢を治すことも役に立ちます。大腸が病気になると、次は肺が病気になりやすいです。内臓は、お互いに助け合いとけん制をしています。肺を助けているのは、すい臓の先端にある脾臓です。脾臓を丈夫にするには、脾臓と密接な関係のある胃を丈夫にすることです

    このように関連性を見てくると、肺を活発化し、清澄な気分を味わうには、消化器を丈夫にする必要があるようですね。肺が丈夫な人は、肌が美白でキメが細かいですが、このような方は消化器が丈夫で、美味しく食べられ、便秘も下痢もしていない傾向がありますね。

    ただ、内臓はお互いに助け合いとけん制をしているので、肺が活発化しやすい秋は、肺がけん制する心臓が弱くなりやすい。このため、秋は心臓病で日没前になくなりやすいです。

    posted by: kan6389 | 統合医療とは? | 10:17 | - | - | - | - |