Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
関連サイト

■ 抗生物質 市販薬 飲み薬 人気ランキング:「クラビットジェネリック250mg」が3年間1位・広範囲に効き副作用少・100錠5180円
クラビットジェネリック250mg
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
週間新潮が食べてはいけない外食チェーンを追及:大戸屋や丸亀製麺などのメニューに多塩分・高血圧のおそれ
0
    週刊新潮が『「肥満」「糖尿病」が待つ「超高カロリー」メニュー:食べてはいけない「外食チェーン」第3弾』と追及キャンペーンをやってます。外食チェーンの高血圧の原因になりやすい高塩分メニュー名も掲載しています。男性の場合、昼食や夕食で外食チェーンを利用しやすいですが、1食だけ外食チェーンを利用しただけで、WHO(国連の世界保健機関)が推奨する1日の塩分摂取量の5gを、オーバーしやすいです。意外と思ったのは、健康志向で近年人気店の大戸屋や安くて美味いとの丸亀製麺のうどんのメニューなどに、1食で塩分5g以上含むものが、かなりあったことです

    健康志向で近年人気店の大戸屋は、無添加・無着色が売りで、行列ができやすい。東京駅の新丸の内センタービル3階にも出店しており、黒酢あんかけ定食が人気。週刊新潮はヘルシーが人気だった「大戸屋」の秘密と、、、。

    週刊新潮によれば、塩分含有量については、サイゼリアやマクドナルドやモズバーガーなどのメニューは低く、優等生です。

    外食チェーンだけでなく、居酒屋やレストランや小料理屋も、現役の時は、結構利用しますね。平日だけでなく、休日も、外食しやすく、濃い塩味は美味しいので、薄味のメニューを避け、知らず知らずのうちに、このような長年の生活習慣により高血圧体質になるわけですね。週刊新潮は、舌が塩辛いものになれ、塩辛いと感じず、「美味い」と感じたら「WHO基準」の3倍の塩分量のメニューと言ってます。

    その上、21日のテレビ東京の「主治医の見つかる診療所:最新コレステロール&中性脂肪の新常識SP/ 芸能人血液検査で発覚の血液ドロドロNO.1!は?暴飲暴食でダメ出し」の番組でも放送されていましたが、果物や野菜をあまり食べないで、肉が好物の場合は、悪玉コレステロールや中性脂肪が体内にたまりやすく、脳梗塞や心筋梗塞になりやすい。数値が空腹時に正常でも、食後に高ければ危険。運動量の多い少ないは、数値に無関係。テニス世界ランキング上位だった女性が、「私は、酒もたばこも飲まないし、運動もしているので大丈夫」と番組で、言っておられましたが、果物や野菜をあまり食べないで、肉が好物の生活習慣のため、検査すると、悪玉コレステロールと中性脂肪が異常に高かったですね。食後の数値も高かった。ポテトチップや鳥の唐揚げが好物の藤田という女性タレントも、数値が高かった。

    posted by: kan6389 | 高血圧の薬 | 01:37 | - | - | - | - |